フランス革命を舞台にした漫画「ベルサイユのばら」

フランス革命を舞台にした漫画「ベルサイユのばら」

フランス革命が起こる前から、
フランス革命の前期を舞台にした非常に有名な漫画が日本にもあります。


それが、池田理代子さんの著書「ベルサイユのばら」です。

ベルサイユのばらの主人公は、
近衛兵の男装をして正体を隠して生きるオスカルと
王妃であるマリーアントワネットです。


ベルサイユのばらでは、
フランス革命が起こるまでの悲劇を非常にリアルに描いています。

ベルサイユのばらは、1972年から集英社の週刊マーガレットで連載され、
絶大な人気を誇りました。


宝塚歌劇団でもベルサイユのばらを舞台化したり、
テレビアニメでも放映されたことで、
さらに人気を集め、今でも熱狂的なファンが絶えません。

フランス革命の勉強にもなるベルサイユのばらを、
一度読んでみてはいかがでしょう。

| フランスって?フランス料理や文化を学ぼう!

フランスの香水ゲランの170年の歴史

フランスの香水ゲランの170年の歴史

ゲランという香水をご存知でしょうか。


言わずと知れた、フランスの香水の代名詞でもあります。

ゲランは、1828年にフランスのパリにて、
ピエール・フランソワ・パスカル・ゲランが作リはじめたのが始まりです。

つまり、ゲランには170年のフランスの伝統と歴史が込められているのです。


また、ゲランは香水だけではなく、
世界初のホワイトニングのパックやローションを作った人物でもあります。

ゲランの香水は、非常にこだわって作られており、
まさにその香りはフランスの繊細な芸術の一つでもあります。

ゲランの香水は、世界中から選りすぐった天然香料を使い、
非常に贅沢な香りのゲランは、今でも人々を魅了し続けるのです。

| フランスって?フランス料理や文化を学ぼう!

香水の都フランスのグラース

香水の都フランスのグラース

フランスのグラースは、香水の都として世界中で有名です。


あのシャネルやディオールといった誰もが知っている有名ブランドも、
このフランスの街グラース生まれなのです。

フランスのトゥレットゥ・シュール・ルーという町ではスミレが、
アプト周辺ではラベンダーが作られ、
グラースでの香水の原料となっています。


多くの香水メーカーが、グラースに研究所と製造設備を置いています。

そして、どのメーカーにも有能な調香士がおり、
素晴らしい香りをブレンドし続けています。

グラースが香水の都となった背景には、
グラースが皮革産業が盛んだったことにあります。


皮に使う香料を作っていたことが、
香水産業が盛んになる原点になったのです。

| フランスって?フランス料理や文化を学ぼう!

フランス人はチョコレート好き

フランス人はチョコレート好き

フランス人は、
日本人の個人のチョコレートの消費量とは比にならないほど、
チョコレートを良く食べます。

日本では、チョコレートというとおやつのイメージがあります。


しかし、フランスでは朝のコーヒーと食べるチョコレートから始まり、
夜の締めくくりのコーヒーと食べるチョコレートで終わるほど、
チョコレートが一日のうちに頻繁に登場します。


また、フランスの街にはチョコレート専門店がたくさんあります。

秋には毎年チョコレートの見本市が開かれるほどで、
フランス人のチョコレート好きは日本人にとっては驚くほどです。

フランスを訪れる際には、
街にあるチョコレート屋さんにもふらりと立ち寄ってみるといいかもしれません。


| フランスって?フランス料理や文化を学ぼう!

フランスのクリスマス

フランスのクリスマス


フランスでは、
クリスマスは非常に大切な行事の一つとして考えられています。


フランス人はクリスマスには、プレゼントに力を入れます。

それぞれに、センスや思考を凝らして、
大切な人や家族に贈るのです。

このころのお店のショーウィンドウは、
フランスを旅行する人にとっても普段よりも興味深い品物で飾られるため、
念入りに覗いてみるといいでしょう。


もちろんイルミネーションも11月末には、
華やかに飾り付けられフランスのクリスマスを彩ります。


クリスマスイブはにぎやかだったフランスは、
クリスマス当日には非常に静かになります。
ほとんどのお店や施設がお休みになるのです。

それくらい、クリスマスはフランス人にとって大切な日ということが分かります。

| フランスって?フランス料理や文化を学ぼう!